犬の中でも人気のトイプードルに注目│ペットのもしもを考える

pet

歴史を知る

家族の一員としてかわいがりましょう

もともとトイプードルの祖先は、水鳥などを捕まえる猟犬として活躍していた犬です。大きさもスタンダードタイプはかなり大きいので、びっくりする人も多いことでしょう。トイプードルは、愛玩犬として改良され今の大きさになったのです。 トイプードルは、犬の中でもとても賢く、サーカスなどでも活躍できるのは、かわいさだけが理由でないことがよくわかります。しかし、頭が良いので、しつけをしっかりしないと飼い主が振り回されてしまうこともあるのです。

これからもしばらくは、人気犬種のトップを保ち続けるのは間違いなさそうです。 最近は、いかに小さなトイプードルを産ませるかというのが、ブリーダーの中でも課題になっているようです。 また、買い求める方も、できるだけ小さなトイプードルを求める傾向にあるようです。 トイプードルは、骨が細く、折れやすいのでけがも多い犬種です。ある程度骨も丈夫な少し大きいサイズのトイプードルの方が、けがや病気も少ないのです。 この頃、飼い主の勝手な都合で、犬を捨ててしまう人が増えています。最後までしっかり責任を持てる人でないと犬を買う資格はありません。 家族の一員として迎えたかわいいトイプードルですから、大事にかわいがってあげましょう。